2014年09月18日

9/19「仙台・宮城 真夜中のブラック企業相談ホットライン」開催のお知らせ

 9月19日(金)16時〜24時にかけて、エステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン・エステ支部)とブラック企業被害対策仙台弁護団との共催で「真夜中のブラック企業相談ホットライン」を開催します。

 ブラック企業(とりわけエステティックサロンなどのサービス業種)では、深夜までの長時間労働を強いられることが多く、日中や夕方に相談をすることが難しいかと思います。
 そこで、今回はブラック企業で働く方々が相談をしやすい夜間(16時〜24時)に窓口を開設し、ブラック企業で働く方から、相談を受け付けることにしました。

日時:9月19日(金)16時〜24時
電話番号:022―261―4444022−261―5555(2回線にて受け付けます。)
相談無料・秘密厳守です。

下記のようなお悩みをお持ちの方は、まずはご相談してみて下さい。
◆働く時間が長くて、体を壊しそう
◆パワハラがひどく、精神的に辛い
◆人手が足りず、まともな仕事ができないので何とかしたい
◆きちんと残業代を支払ってほしい
◆会社を辞めたいのに、辞めさせてもらえない

 ブラック企業対策仙台弁護団主催で開催した前回の「ブラック企業相談ホットライン」には、「たかの友梨ビューティクリニック」の従業員からの相談が寄せられました。その後、仙台労働基準監督署から、「たかの友梨」仙台店へ是正勧告が出されました。
 さらに、全店舗で労働基準法を遵守することなどを求めたエステ・ユニオン公開要望書に対し「たかの友梨」側が、「誠意をもって対応する」という趣旨の回答(9月11日付)をするなど、徐々に全社的な改善に結びつきつつあります。

 今回のホットラインでは、宮城県内のエステサロン業(あるいはリラクゼーション業)で働く方々を中心として、相談のお電話を受け付けいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

■ブラック企業対策仙台弁護団のご紹介
ブラック企業対策仙台弁護団は、ブラック企業の被害者の救済と権利実現を目的として、2013年6月に結成されました。現在は、男女合わせて15人の弁護士で構成されています。
FACEBOOK:https://www.facebook.com/blacktaisakusendaibengodan?ref=stream

■エステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン・エステ支部)のご紹介
エステ・ユニオンは、ブラック企業対策ユニオンのエステ支部であり、エステ業界で働く人が集まって結成した労働組合です。エステ業界で働く人が労働条件や雇用環境の改善を求め、働き続けられるエステ業界をつくるため、長時間労働や過剰なノルマ追及といった業界全体に広がる労働問題の改善を目指して活動しています。「たかの友梨ビューティクリニック」ほか、複数の会社に勤める組合員が加入しています。
HP:http://esthe-union.com/index.html  ブログ:http://esthe-union.sblo.jp/

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 16:52 | Comment(0) | 相談をご希望の方へ

「たかの友梨ビューティクリニック」の労働環境の改善に向け、情報をお寄せください!

去る9月5日、私たちエステ・ユニオンは、「たかの友梨ビューティクリニック」(株式会社不二ビューティ)に公開要望書を提出しました。これは、@労働基準法を遵守すること、A公益通報者を不利に取り扱わないことを同社にお願いするものです。公開要望書を提出するに至った経緯については、こちらのブログ記事をご参照ください。
併せて、この趣旨に賛同する署名(インターネット上で募った約13,000筆です)も同社に渡しています。

これを受け9月11日、同社は回答を発表しました。回答書の全文は、次のブログ記事でご覧になれますが、同社は労働基準法や公益通報者保護法を遵守すること、実態調査を行うこと等を述べています。

このように、同社から回答を得ることができたのは、ひとえに皆様のご協力や社会的な注目があってのことです。

同社の回答書の内容について、同社が労働環境改善の意思を表明したことは歓迎できますが、私たちはこれだけでは不十分だと考えています。同社が具体的にいつまでに何を改善していくのが定かでなく、実際に労働基準法に抵触している問題を本当に改善・解消していく保障はないからです。

そのため、同社の労働基準法を遵守するという宣言・約束が、実際の改善を伴ったものとなるのか、それとも、形式的な表明にとどまるのか、今後の同社の動向を注視していく必要があります。私たちエステ・ユニオンとしても、同社が具体的な改善策を講じるよう、引き続き交渉に取り組んでいきます。

そこで、「たかの友梨ビューティクリニック」に現在お勤めの方からも、ぜひ現場の現状について、情報提供をいただければと思います。会社に改善した点が見られれば、お知らせいただきたいですし、改善されていない点があれば、その点についてもご指摘ください。「たかの友梨ビューティクリニック」の職場環境の改善には、現場の皆さんの協力が必要です(情報提供者の個人情報等は厳守いたしますのでご安心ください)。安心して長く働くことのできる労働環境を作るためにも、ぜひ情報提供やご相談をいただければと思います。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 03:50 | Comment(1) | 活動報告

2014年09月15日

職場で腰痛や腱鞘炎(けんしょうえん)を我慢して働いていませんか?

私たちエステユニオンには、エステの仕事をしている方からの相談が多く来ますが、最近多いのは、「腰痛」や「腱鞘炎(けんしょうえん)」を我慢して働いている方や、それを理由に会社を辞めてしまった方からの相談です。

(1)私たちに寄せられる相談事例
例えば以下のような相談が私たちに寄せられています。

@長時間の施術を繰り返していたところ、腰に激痛が走り、一時動くこともできないくらいの状態になりました。店長に相談をしても、「普段の体調管理ができていないあなたのせいだから自分で治療をするように」と言われました。自分で治療するにもお金も時間も余裕がありません。どうしたらいいでしょうか。

A働き始めて3ヶ月ですが、まだ仕事のコツが覚えられておらず施術後に手首に痛みが出てきています。日に日に痛みがひどくなっていて、このまま続けるのが不安です。

(2)労働災害とは?
仕事が原因(もしくは通勤中に)で病気やケガになった場合は、国が定める「労働災害」に認定される可能性があり、認定されると以下のようなメリットがあります。

@治療費が無料になったり、これまで自分で払ってしまった治療費が返ってきたりします。
A怪我や病気が原因で会社を休んだ期間につき、それまでの給料の8割が補償されます。
B労働災害が認定された場合、会社を休んでも、解雇されないように法律で守られます。

※退職していても一定の期間ならば、過去の労働災害について申請することが可能です
※会社が労働災害の申請に協力しなくても、申請は自分でできます

(3)労働災害の申請方法は?
労働災害の申請をどう進めたらいいのか不安な方も多いと思いますが、手続きは難しいものではありませんし、申請自体は無料です。

@専門の相談機関に相談をしましょう
 →エステユニオンに一度相談ください!
A怪我や病気になった時の状況がわかる証拠を集めましょう
 →医者の診断書や怪我をした時の状況がわかるメモ等を集めます
B働いている場所を管轄する労働基準監督署に申請に行きましょう
 →証拠を整理して労働災害の申請書類に加え、申請をします
C結果が出るまで待ちます
 →仮に労働災害の認定がおりなくても、再度申し立てをすることもできます

(4)労働災害が認定される意味
仕事が原因となって病気や怪我をした、在職者の方・退職者の方にとって、治療費や生活費の面で負担が軽減されます。労働災害を申請することは、怪我や病気を発生させる会社の労働環境を改善する機会にもなります。

@治療費や生活費が補償される
A在職中の方は解雇されないで治療に専念できる
B会社にとっても労災が起きないような労働環境を作るきっかけになる

(5)労働災害の申請と並行して、すぐに使える制度
労働災害申請には証拠の整理などの準備が必要です。その前に一旦会社を休んで治療を行なったり、療養したりすることも1つです。その間に労働災害申請の準備を相談機関と一緒に進める方もいます。

@休職制度
 →怪我や病気の診断が出ている場合は、会社に休職を求めることが可能です。
C傷病手当金
 →国の健康保険制度に「傷病手当金」というものがあり、4日以上続けて休んだ人には、これまでの賃金の約6割が補償されます。

(6)在職者・退職者それぞれの対処法のまとめ
在職者と退職者の方で少しパターンが違いますが、まずは私たちへご相談いただき、申請手続きに向けて、一緒に準備をしていけたらと思います。

@在職者の方
 →相談
 →休職をすると同時に、傷病手当を受給する
 →証拠を整理して労災申請
 →復職or退職or転職

A退職者の方
 →相談
 →証拠資料の整理
 →労働災害の申請

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 19:18 | Comment(0) | 相談をご希望の方へ

2014年09月12日

「たかの友梨」から公開要望書に対する回答をいただきました!

たかの友梨回答書20140911

私たちエステ・ユニオンが、たかの友梨ビューティクリニック(株式会社不二ビューティ)に求めていた「労働基準法を遵守する」こと、「公益通報者への不利益な取り扱いをしない」ことを約束・宣言するよう求める公開要望書に対して、回答期限の11日、同社から回答をいただくことができました。

公開要望書提出までの経緯と提出時の報告はこちらのブログ記事をご覧ください。
http://esthe-union.sblo.jp/article/103366544.html

この回答については、朝日新聞でも報道されています。

たかの友梨経営会社が文書 「労働基準法順守に尽くす」(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG9C5QRKG9CULFA02F.html

同社の回答は「仙台労働基準監督署指導への今後の取り組み並びに、エステ・ユニオン要望書への回答」と題され、エステ・ユニオンへの通知とともに、同社ホームページに掲載されています。

要望に対して、同社から回答をいただけたことを嬉しく思います。
内容については、「労働基準法や公益通報者保護法の遵守」に加え、「労働時間、休憩時間の実態調査」、「外部の労務・法律専門家の協力」による「本件の解決に向けた具体的な取り組みの策定作業」、「再発防止策」などについても言及されていることが注目されます。

一方で、同社の労働基準法違反の「遵守」が形式的なものに終わってしまうのではないかという懸念もあります。私たちエステ・ユニオンとしては、実態調査や権利回復、再発防止などが誠実に行われるように、同社に引き続き働きかけていきたいと思います。

今回の回答は、従業員の方たちはもちろん、署名に賛同してくださった方たち、多くの皆様のご支援の結果です。公開要望書の賛同署名については、〆切の11日までに実に14000名を集めることができました。こうした皆様の力添えがなければ、同社のこうした対応もなかったでしょう。これからも引き続き支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 17:22 | Comment(3) | 活動報告

2014年09月08日

シンポジウム「ブラック企業時代の「マタハラ」を考える」にてエステ・ユニオンの事例を報告します!

 9月23日にエステ・ユニオンとブラック企業対策プロジェクトの共催でマタハラに関するシンポジウムを開催します!当日は、私たちのところに寄せられているマタハラの実態を報告し、マタハラの背景やブラック企業との関連について議論する予定です。

■シンポジウム詳細
タイトル:ブラック企業時代の「マタハラ」を考える 女性労働の現状と課題
日時:2014年9月23日(火) 14:00〜16:45(開場13:30)
場所:YMCA アジア青少年センター 9階 国際ホール
東京都千代田区猿楽町 2 - 5 – 5
http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html
主催:エステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン・エステ支部)
ブラック企業対策プロジェクト
参加費500円(学生・求職者は無料)、予約不要

9月23日シンポジウム写真_03.jpg

 妊娠・出産を理由に退職を促されたり、嫌がらせなどの不利益な扱いを受ける「マタニティハラスメント(マタハラ)」が大きな問題となっています。2013年に連合非正規労働センターが行った調査では、マタハラの被害にあった女性は調査対象者の25.6%、そのうち相談できずに泣き寝入りした人は45.7%にも上ることが明らかになっています。
 政府は女性の活躍の推進に積極的に取り組もうとしていますが、多くの女性が働き続けたい・働き続ける必要がある現在、マタハラを放置していては、女性が活躍できる社会は実現できません。
 当日は、マタハラNetのメンバーが受けたマタハラの体験(妊娠中に無理な勤務を続けて流産を経験し会社に勤務状況の改善を訴えたところ退職を促された、子どもを保育園に預け復帰しようとしたら「社長の気が変わった」と解雇された)や、「たかの友梨ビューティクリニック」における休憩や休みが取れない労働環境と妊娠・育児休暇の取得を妨げられる問題など、現場からの事例報告を行います。
 また、山川菊栄賞を受賞した『働く女性とマタニティ・ハラスメント』著者の杉浦浩美先生にマタハラの基本的な理解についてご講演いただき、次いで女性労働問題の専門家である竹信三恵子先生に職場のマタハラの類型とその変遷についてご講演いただきます。最後に、パネルディスカッションではブラック企業におけるマタハラの実態とその背景について意見交換を行います。

■タイムテーブル

13:30 開場
14:00 開始 主催挨拶
14:05 講演@「マタニティ・ハラスメント」とはどのような問題なのか
    杉浦浩美先生(立教大学社会福祉研究所特任研究員) 
14:35 講演Aマタハラの実態とその類型
    竹信三恵子先生(和光大学教授) 
15:05 現場からの報告@  マタハラの実態報告
    代表:小酒部さやか(マタハラNet)
15:25 現場からの報告A 「たかの友梨」の労働実態
    鈴木絢子弁護士(ブラック企業対策弁護団)
15:45 休憩
15:55 パネルディスカッション ブラック企業時代の「マタハラ」を考える
16:30 質疑応答
16:45 終了    


■主催団体紹介
〇エステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン・エステ支部) http://esthe-union.com/
エステ・ユニオンは、エステ業界で働く人が集まって、長時間労働、有休がとれない、産休・育休が取れなくて会社を続けられないなどのエステ業界全体の問題に取り組んでいます。

〇ブラック企業対策プロジェクト http://bktp.org/
 ブラック企業によって若者が使い潰されることのない社会を実現するために、各分野の専門家が力を合わせて発足したプロジェクトです。ブラック企業による被害の実態についての調査および報告、被害者の法的権利実現のための政策提言、ブラック企業の具体的な見分け方や対処方法の発信を行う事によって、日本社会からブラック企業をなくすことを目指します。

■ゲスト団体紹介
〇マタハラNet http://mataharanet.blogspot.jp/
安心して妊娠、出産、子育てしながら働き続けられる社会の実現を目指し、@マタニティハラスメントに対処するための情報を提供し被害者の取れる選択肢を示すこと、A体験を共有することで被害者の悩みを少しでも軽くすることを目的にマタハラの当事者自身が立ち上げた団体です。
9月30日まで、女性活躍推進新法にマタハラ防止のための一文を明記することを求めるWeb署名を行っています。
※(9月13日追記)署名期間を延長し、9月24日に政府審議会に提出する予定です。

■連絡先 ご質問等ございましたら下記連絡先までご連絡お願い申し上げます。
TEL:03-6673-2261
FAX:03-6845-3255
Email:admin(アット)bktp.org

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 17:36 | Comment(0) | イベントのご案内