2014年09月04日

「たかの友梨」に対し、「労働基準法を守ると宣言する」ことを求めるネット署名を始めました!


 私たちエステ・ユニオンは、「たかの友梨ビューティクリニック」に対し、労基法を遵守し、また内部通報者への不利益な取り扱いを今後一切しないことを約束・宣言ように求めています。こうした宣言をする重要性を会社に理解してもらうために、私たちはネット署名を集め、会社に随時提出する予定です。

ネット署名(http://chn.ge/1nv0k3p)の文章は以下の通りです。ご覧いただき、ご賛同いただける方はネット署名のご協力をお願いいたします。また、可能な限りこの署名を多くの人に伝えていただきたいです。ご支援をくださる皆様の力が会社を変える力になります。皆様のご支援をお待ちしております。


労働基準法を守ると宣言してください!

「たかの友梨ビューティクリニック」(株式会社不二ビューティ)は、1978年の創業以降全国124店舗を展開、売上高160億円のエステ業界のリーディングカンパニーです。代表取締役の高野友梨氏は、「カリスマ美容家」として、テレビのバラエティー番組に数多く出演しています。

しかし、現場で働く従業員の労働環境はそのような華やかさとは真逆の過酷なものだということを、皆様はご存知でしょうか。

多くの従業員が、1日に12時間程度働かされており、その間休憩をほとんど取れません。夜20時に昼食を食べたり、トイレにも行けないこともあります。休日も規定通りに休めず、有給休暇も取得できません。そうした過重労働にもかかわらず、残業代・休日手当は適切に払われていませんでした。

2014年8月、仙台労働基準監督署は、たかの友梨仙台店に対し、以下の行政指導・是正勧告を出しました。

@タイムカードの記録と警備記録のズレを指摘し、残業代未払い分の精算をすること

A適切に休憩を取れる措置を取ること

B有給休暇を労働者の希望通りに取らせること

C労使協定を適切に結ばれないまま研修や制服費用等を給与から天引きしないこと

D有給休暇を取得したときにその分を残業代から減額するのをやめること

ところが、社長の高野友梨氏は労働基準監督署に通報した従業員に対し、「うちは残業代といって改めて払わないけれども、頑張れば頑張った分というのがあるじゃん」、「労働基準法にぴったりそろったら、絶対成り立たない」、「つぶれるよ、うち。それで困らない?」などと長時間詰問し、その従業員は精神的ショックで現在出勤ができない状態に追い込まれています。

たかの友梨ビューティクリニックには今後、

@「労働基準法を遵守する」こと

A「公益通報者に対する不利益な取り扱いをしない」こと

の2点を約束し、宣言していただくことを要望いたします。

エステ業界のパイオニアである「たかの友梨ビューティクリニック」が労働基準法を守ると宣言することは、大きな意味を持ちます。

エステ業界のパイオニアである「たかの友梨ビューティクリニック」が労働基準法を守ると宣言することは、大きな意味を持ちます。

9月5日(金)に、本署名と同じ項目の公開要望書を「たかの友梨ビューティクリニック」へ提出に行く予定です。回答期限は来週9月11日(木)。この署名の〆切も回答期限と同じ9月11日(木)に設定し、「労働基準法を守る」宣言をしていただくための追い風にしたいと思います。勇気を出して声をあげた従業員への応援も含め、ご賛同とソーシャルメディアでの拡散を、お願いします。

ネット署名はこちら:http://chn.ge/1nv0k3p

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 21:41 | Comment(1) | 活動報告