2017年04月19日

ダンディハウス/ミスパリとの話し合いが解決しました!

IMG_3203.jpg
 
 ダンディハウス/ミスパリを運営する(株)シェイプアップハウスの元従業員のBさん(20代、女性)の事件が解決しましたので、報告をさせていただきます。Bさんは、定時の前と後に30分から1時間ほど業務を行っており、休憩も1時間取れず、多い月では月64時間残業という長時間労働をしていました。しかし、それに対する残業代は一部しか支払われておらず、未払いの賃金は過去2年間で約155万円にも達していました(※ユニオン計算)。
 Bさんとは、昨年、会社の労働基準法違反に対して出ました是正勧告について、厚生労働省で記者会見をしまし、NHKをはじめとした多くのメディアで報道されました。当時の記事はこちらをご参照ください(「業界大手「ダンディハウス/ミスパリ」へ労基署が是正勧告を出しました!」http://esthe-union.sblo.jp/article/177713403.html)。

(1)Bさんの労働環境の問題
@長時間労働(1日の流れ)
 平日は定時の前後でおおよそ30分(土日は忙しいので前後1時間)ほど定時外の業務をしていました。具体的には、定時前に、朝準備、お客への対応検討、1日の予約の確認、レジの現金合わせ(昨晩とのズレを確認)などを行っていました。また、早朝に勉強会を行うこともありました。  
 定時後には、お客様の延長対応、締め作業、1日の在庫確認(全部の商品のズレを確認)、顧客カルテの記入などを行っていました。

A労働時間記録の偽装
 昨年6月までは、パソコンに労働時間を入力する形式で労働時間管理がなされていましたが、上司が他の従業員の分をまとめて入力しており、Bさんが他の従業員の分も代わりに入力していたこともありました。また、形式的に月末に店舗の開店時間をまとめて入力していたため、実際の労働時間を反映していませんでした。
 昨年6月以降は、バーコード型の勤怠管理システムが導入されましたが、定時2、3分前になるとサロンにある会社の携帯電話のアラームが鳴り、後輩スタッフが他の従業員のカードを集めて定時とほとんど変わらない時間に打刻させられていました。しかし、実際にはその後も業務に従事していたため、結局実際の労働時間で打つことができませんでした。

B休憩未取得
Bさんは、休憩時間中もサロンから出られず、休憩中に電話対応、後輩の質問に答える、顧客カルテの記入などの業務をしており、1日平均30分ほどしか休憩を取ることができませんでした。

C賃金未払い
 上記のように、早出・休憩・残業などの時間外労働が発生していましたが、時間外労働に対する賃金はほとんど払われていませんでした。稀に、定時よりかなり遅くまで残業をした場合に限って、30分や60分など大まかな時間数を30分単位で残業として上司が申請させくれたことがありましたが、それ以外は基本的に残業代は払われませんでした。

(2)労働基準監督署からの是正勧告(行政指導)
 以上のようなBさんの労働環境に対して、静岡労働基準監督署は、労働基準法違反として是正勧告をしています。国もダンディハウス/ミスパリの労働環境について明確に法律違反であると認めています。

@1日8時間以上の労働に対して残業代が支払われていないこと
労働基準法34条違反(休憩時間の未取得)

A休憩時間が法定通り1時間取得できていないこと
労働基準法37条違反(時間外・休日・深夜の割増賃金)

(3)円満解決・Bさんのコメント
 Bさんの事件については、この間、団体交渉(話し合い)を継続してきました。そして、今年3月にBさんが納得できる水準で、会社と早期円満解決をするに到りました。以下、Bさんのコメントです。

・美容の仕事を選んだのはなぜですか? 
 私は、母親など人にマッサージをしたりするのが好きで美容の専門学校に入学することを決めました。この会社を選んだのは、名前が有名で、技術も効果も、そして労働環境もちゃんとしていると思ったので、学校の紹介で入社を決めました。

・入社してみてどうでしたか?
 働いてみて、最初は、違法であったり過酷な労働環境に気づかず、「社会人は大変だなぁ」くらいに思って働いていました。しかし、会社の同期で集まった時に、店舗によって労働環境が全然違ったので、おかしいなと引っかかりを覚えました。さらに、他の業界で働いている友達と仕事の話になったときに、「さすがにその会社やばいよ」と言われて、やっぱり会社のやっていることはおかしいと確信を持つようになりました。
 働いていて一番きつかったのは、朝から夜まで拘束時間が長いこと、忙しい時は休憩もなくご飯にもトイレにも行けないこと、お客様に無理やり必要のないコースを押し売りすることなどでした。

・ユニオンスタッフと一緒に会社と交渉してみてどうでしたか?
 会社との交渉は、本社の人事の人や会社の弁護士の方が参加され、最初は緊張しましたが、本社の人事の方は現場の実態を全然把握していなくて、驚きました。会社と交渉をする中で少しずつ現場も改善してきているということだったので、話し合いをして良かったと思いました。解決の内容も納得がいくものでした。

・会社には今後どのようになっていって欲しいですか?
私は、お客さんが良い方ばかりで、大好きだったので続けてきました。でも、3年ほど働いた頃には、同じエリアの同期はほとんど誰もいなくなってしまいました。違法で過酷な労働に耐えられなかったんだと思います。
今回、改善されて新しいルールが作られていっていると思いますが、それが守られていってほしいと思います。これまでも、本社が言ったことが、現場の上司などによって守られないことが多いので、改善を継続して言ってほしいです。

(4)ちょっとした疑問からご相談をお寄せください!
 ダンディハウス/ミスパリで働いている方で、会社改善後も問題を抱えている方はいませんか?少しでも働いていて「おかしいな」と感じるところがありましたら、ご相談や情報提供をいただけましたら幸いです。Bさん同様に解決をすることができます。
 在職中に改善することはもちろん、在職中から証拠の集め方などを相談しておいて、退職の際や退職後に会社に対して請求することも可能です。ちょっとした疑問から相談をお受けしていますので、ご検討ください。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 11:35 | 活動報告