2017年08月11日

エステ業界よくあるトラブルQ&A(2)「休憩が取れない」

エステユニオン相談画像.png

エステ業界に良くある労働トラブルを解説するQ&Aの2つ目は、「休憩が取れない」という相談です。

Q,休憩が1時間取れなかったり、本当に忙しい日は全く取れない日もあります、、。また、休憩が予約表では一応1時間切られていても、休憩時間中にカルテを書いたり、部屋の片付けや準備をしたり、掃除・洗濯や、電話対応などをしているので、休憩を取れている気がしません、、。

A、法律上、8時間労働の人は1時間休憩、6〜8時間労働の人は45分休憩を取らなければなりません。また、休憩とは「労働から解放された自由時間」でないといけないので、上に書いたような「業務」を休憩時間に行っている場合には、休憩時間を取れているとは言えません。当然、働いた分1分単位で賃金の請求もできます。

◆「休憩時間」とは
 法律では、8時間労働の人は1時間休憩、6〜8時間労働の人は45分休憩の取得が義務です。法律上の休憩時間は、上に書いたような業務を行わない「自由時間」でないといけません。例えば、食事、携帯を見る、外に出るなどです。休憩の分割での取得は違法ではありませんが、あまりに細切れでは自由時間としての休憩は取得できませんので、争う余地があります。

◆対処法
 休憩時間が取れていない状況について、毎日1分単位でのメモを残しましょう。将来的な改善を求めたり、過去の賃金不払いについて請求ができます。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 13:24 | 活動報告