2014年08月31日

「たかの友梨」による公益通報者への不利益取り扱い・不当労働行為への抗議の記者会見が多数のメディアに取り上げられました。

 私たちエステ・ユニオンは、8月28日(木)に、「たかの友梨ビューティクリニック」による、公益通報者への不利益取り扱い・不当労働行為に対し抗議し、記者会見を行いました。当日は多くのメディアに来ていただき、新聞・テレビなど多数の媒体に取り上げてもらいました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・テレビ局

内部通報者が公益保護申し立て(NHK)
nhk.png

大手エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」の従業員の女性が、残業代の未払いなどを労働基準監督署に通報したあと、会社の代表から「会社をつぶしてもいいのか」などと全従業員の前で詰問されたとして、28日厚生労働省に公益通報者保護の申し立てを行いました。

 「たかの友梨ビューティクリニック」は、仙台市にある店で従業員の女性が残業代の未払いなどがあると内部通報を行い、8月、労働基準監督署から是正勧告を受けました。
労働組合の「エステユニオン」によりますと、是正勧告が出たあと高野友梨代表が仙台店を訪れ、全従業員を集めた場でこの女性に対して「会社をつぶしてもいいのか」とか「職場にいながら会社に矢を向けた」などと、2時間半にわたって問い詰めたということです。この女性は精神的なショックから、出勤できなくなったということです。

 女性は、内部通報をした人への不利益な扱いを禁じた、公益通報者保護法に違反しているとして、28日厚生労働省に公益通報者保護の申し立てを行いました。
 「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティは「女性の主張を確認していないので、今の段階ではコメントできない」としています。

引用元:NHK 首都圏NEWS WEB (08月28日 18時04分)
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140828/4153151.html
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「たかの友梨」めぐり申し立て、社長が内部告発者圧迫か?(TBC)
たかの友梨.jpg

 エステティック大手「たかの友梨ビューティクリニック」の女性従業員が、残業代未払いなどを内部告発したことにより、高野社長からパワハラを受けたとして、厚生労働省に申し立てました。その女性従業員が取材に応じ、高野社長との詳細なやりとりを語りました。
 全国に100店舗以上を展開し、今や誰もが知っているエステティック大手の内部から苦悩の声が上がりました。

 「恐怖でしたよね、私の方を見て、私に話しかけるような形で」(20代の女性社員)
 声の主は、たかの友梨ビューティクリニックの仙台店に勤める20代の女性社員です。女性は、高野友梨社長から今月21日、パワーハラスメントを受けたと訴えました。

 これは、28日の記者会見で公開された高野友梨社長の発言とする内容です。
 「残業代をあげないというのは、それはおかしい話。しかしだよ、うちは残業代といって改めて払わないけれども、頑張れば頑張った分というのがあるじゃん。そうやって払っているわけだよ」(【高野友梨社長の発言とされる内容】 記者会見で公開された音声より)

 女性の毎月の残業時間は、およそ80時間に上りますが、残業代は3万円程度だと言います。女性は、こうした残業代の未払いや、制服のクリーニング代などの必要経費が自己負担となっていることを不当だとして、仙台労働基準監督署に内部告発していました。
 「“夜9時以降にタイムカードを押すな”となっていて、決まりの休みを全部とれるのはあまりなくて、有休も長く勤めていた人もとれていない人が多かった。“働かせて当たり前”ぐらいな感じだった」(20代の女性社員)

 女性は現在、体調不良のため休職しています。今月5日、労基署は仙台店に対し、労働基準法違反が見つかったとして、是正勧告を出しました。
 その後、高野社長は仙台店を訪れ、社員を飲食店に集めたと言います。テーブルを挟んで9人が向かい合い、真ん中に高野社長、斜め向かい側に女性は座ったと言います。そして、女性社員が高野社長に“働きやすい環境をつくってほしい”と要望すると、こんなことを言われたと言います。

 「潰れるよ、ウチ。それでみんな困らない?この状況で、これだけ赤字が出ているのに、そういうふうに皆にハガキ出したりなんかして、あなた、会社潰していいの?」(【高野友梨社長の発言とされる内容】 記者会見で公開された音声より)

 勇気を出して現状を訴えましたが、その気持ちは踏みにじられたと言います。
 「“潰してもいいの?ウチを”と言われたときは、それを社長自ら言われてしまうと、すごく意思疎通ができていない。私たちの気持ちや考えが伝わっていないんだなと。残念ですよね、女性が働く環境なので、女性の社長だったので」(20代の女性社員)

 高野社長の話は2時間半に及び、精神的な圧迫を受けたという女性は、高野社長の発言は公益通報者保護法に反するとして、厚生労働省に救済を申し立てました。一方、運営会社がコメントを出しました。
 「音声が当社の代表取締役のものであることは確認しておりません。不当労働行為とされるような行為はしていないと認識しております。ユニオン側が開いた会見は、把握しているかぎりでは事実と異なるところが多々あります」(不二ビューティ)

 労基署から是正勧告を受けた点に関しては既に是正済みとした上で、適正な労使関係の確立に取り組んでいきたいとしています。

引用元:TBC newsi(29日23:40)
(http://news.tbs.co.jp/20140829/newseye/tbs_newseye2286622.html)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・新聞社
朝日新聞

「組合活動、社長が圧力」 「たかの友梨」巡り申し立て
朝日新聞20140830.png

「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する「不二ビューティ」(東京)の従業員が加入するブラック企業対策ユニオンは28日、同社の高野友梨社長(66)から、組合活動をしていることを理由にパワーハラスメントを受けたとして、宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。
 同ユニオンや弁護士によると、ユニオン側は今月22日、同社の仙台店に対し、仙台労働基準監督署が残業代の減額などの是正勧告をしたことについて会見する予定だった。そのことを知った高野社長は21日に仙台市を訪れ、仙台店の従業員15人や店長らを飲食店に集め、約2時間半にわたり持論を展開したという。

 同ユニオンが公開した当日の高野社長の言葉を録音したデータによると、高野社長は席上、組合に入っている女性を名指しして、「間違っているとはいわないけれども、この業界の実態をわかったときに、どうなんだろうか」と組合活動を非難した。さらに「労働基準法にぴったりそろったら、(会社は)絶対成り立たない」「つぶれるよ、うち。それで困らない?」などと問いただした。
 ほかの従業員にも「組合に入られた? 正直に言って」と組合員であるかどうかを確かめようとした。

 また、高野社長の名前で全国の店舗に対しファクスした文書を、店長に読み上げさせた。「社員数名が『ユニオン』という団体に加入し、『正義』という名を借りて、会社に待遇改善の団交を要求」「会社を誹謗(ひぼう)することは、自分のこれまで頑張ってきた道を汚すことだと私は思います」といった内容だった。

 労働組合法は、労働者が労組を組織する権利を認めており、経営者には労組との団体交渉に応じる義務を課している。高野社長の言動について、28日に会見した組合員の20代の女性は「恐怖でしかなかった。会社には間違えていることを改善して欲しいと言ってきたのに、非難された。ほかの組合員や従業員にも恐怖を与えているので、社長には謝罪してもらいたい」と話す。

 不二ビューティの担当者は「申し立ては把握していない。不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している」と話す。
 不二ビューティは1978年に創業。エステ店「たかの友梨ビューティクリニック」を全国124店舗展開し、従業員は約1千人。2013年9月期の売上高は約160億円。

引用元:朝日新聞(0829)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
毎日新聞

<たかの友梨>通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告
毎日新聞20140830.png

 エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営している「不二ビューティ」(本社・東京都渋谷区)が給料から違法な天引きをしているなどと労働基準監督署に内部通報したところ、長時間の詰問など精神的な圧迫を受けたとして、仙台市内の店に勤務していた宮城県の女性社員が28日、厚生労働省に公益通報者保護の申告をした。加入する「エステ・ユニオン」も宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

 申告書などによると、女性は5月に同社に労組の結成を通知、給与からの制服代の天引きや未払い残業代の支払いなどを求めて団交を重ねたが解決せず、労基署に違法な状況を申告した。仙台労基署は8月5日に違法な給与の減額分の支払いなどを命ずる是正勧告を行った。

 労組がこの経緯を公表しようとすると、店を訪れた高野友梨社長が全従業員を集めて食事会を開き、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたという。
 女性は職場に行けない状況が続いているといい「幹部に囲まれ名指しで非難され、恐怖以外のなにものでもなかった。公益通報者にこうした攻撃は許されない」と話している。

 同社は「詳細は承知していないが、当社としては不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している」としている。

 公益通報者保護法は、事業者の法令違反を通報した人に対する解雇や降格などの不利益な取り扱いを禁止している。【東海林智】

引用元:毎日新聞 (0829)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
読売新聞

不当労働行為 救済申し立て
読売新聞20140830.png

 エステ店「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する「不二ビューティ」(東京)の高野友梨社長が、仙台店での残業代未払いを仙台労働基準監督署に申告した20歳代の女性従業員に「会社をつぶしてもいいの」などと威圧的な発言をしたとして、女性が加入する労働組合が28日、不当労働行為の救済申し立てを宮城県労働委員会に行った。

 仙台労基署は女性の申告を受け、今月5日、不二ビューティに労働基準法違反で是正勧告を出した。労組によると、高野社長は21日夜、仙台店の全従業員を集めた食事会で女性を前に座らせ、管理職と共に約2時間半にわたって威圧的な発言を続けたという。同社は「不当労働行為とされるような行為はしていない」としている。

引用元:読売新聞(0829)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
産経新聞

「たかの友梨」従業員が申し立て
産経新聞20140830.png

 残業代を減額されたことなどの問題を労働基準監督署に申告した行為を会社側が避難したのは公益通報者保護法などに違反するとして、エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」仙台店(仙台市)の女性従業員が28日、厚生労働省に申し立てをした。

 申立書などによると、経営する不二ビューティ(東京)の高野友梨社長が8月、仙台店の従業員を集め、女性が労基署に申告したことなどを非難。「会社をつぶしてもいいの」と述べたという。

引用元:産経新聞(0829)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日経新聞

公益通報者保護申し立て 「たかの友梨」従業員
日経新聞20140830.png

 エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」の仙台店(仙台市)の女性従業員が28日、残業代を減額されたなどの問題を労働基準監督署に申告した行為を会社側が非難したのは公益通報者保護法などに違反するとして、厚生労働省に申し立てをした。

 女性が所属する労働組合が東京都内で記者会見して明らかにした。

 申立書や会見によると、経営する不二ビューティ(東京)の高野友梨社長が8月、仙台店の従業員を集め、女性が労基署に申告したことや組合による団体交渉を行ったことを非難。高野氏はその際「暴き出したりなんかして会社をつぶしてもいいの」と述べたという。

 女性は2時間半にわたり威圧的行為を受け、翌日から精神的ショックなどで出社できなくなったと主張。不二ビューティは「申立書は届いていないが、不当労働行為とされる行為はしていないと認識している」とのコメントを出した。

引用元:日経新聞(0829)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
東京新聞
東京新聞20140830.png

美容サロン「たかの友梨ビューティクリニック」の仙台店の女性従業員が二十八日、不当な残業代減額などを労働基準監督署に申告したことを会社側が非難したのは、内部通報者の不利益な扱いを禁じる公益通報者保護法などに違反するとして、厚生労働省に申し立てた。

 女性と、所属する労働組合「ブラック企業対策ユニオン」が同日、厚労省で会見した。組合によると、サロンを経営する不二ビューティ(東京)の高野友梨社長自らが女性に圧迫行為をしたとされ、組合も不当労働行為で宮城県労働委員会に救済を申し立てた。

 組合によると、同社では従業員が有給休暇を取ると固定残業代を減額したり、無効な賃金控除の協定書によって研修費や制服代などを給料から引いたりしていた。女性は改善を求めて団体交渉したが進展せず、六月に仙台労基署に申告。同署は今月五日、同社に是正を勧告した。

 高野社長は二十一日、仙台店の従業員を集めた場で「そういうふうに暴き出して、会社をつぶしてもいいのか」と約二時間半、女性を非難。「労働基準法にそぐわせたら(経営が)成り立たない」とも発言した。「勤勉で心あると思っていた社員が、いきなり会社誹謗の反旗を掲げる」などと書いた文章も全店舗に送っていたという。

 女性はその後、精神的に追い詰められて出勤できなくなった。「従業員たちの前で非難され恐怖を感じた。謝罪してほしいし、職場環境を正して働き続けたい」と話した。

 不二ビューティは取材に「不当労働行為とされるような行為はしていない」とコメントした。

引用元:東京新聞(0829)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・web news

With news

たかの友梨氏がパワハラ?「あなた会社つぶすの」 録音データ公開

「録音データ」を公開
 エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する「不二ビューティ」(本社・東京都)の女性従業員が加入するブラック企業対策ユニオンは28日、同社の高野友梨社長(66)から、組合活動をしていることを理由にパワーハラスメントを受けたとして、宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。記者会見も開き、「パワハラ時の録音」とされる音声記録を公開した。

 同ユニオンや弁護士によると、ユニオン側は今月22日、仙台労働基準監督署が 「たかの友梨ビューティクリニック」の仙台店での残業代の減額などに是正勧告を出したことについて記者会見する予定だった。そのことを知った高野社長は、前日の21日に急きょ仙台市を訪れ、仙台店の従業員15人や店長らを飲食店に集めたうえ、この女性従業員に対して2時間半にわたり話し続けたという。
「つぶれるよ、うち。それで困らない?」

 高野氏は、録音された会話の中で、この女性従業員に対し持論を展開した。
 未払いが問題になった残業代については「残業代といって改めて払わないけれども、頑張れば頑張った分というのがあるじゃん。そうやって払っている」と、支払いが適正ではない可能性を認めた。弁護団によると、月間77時間の残業に対して12万円が支払われるべきところ、3万5千円ほどしか支払われないケースがあり、こうした事例が横行している可能性があるという。

 また、女性従業員が労働環境の改善を訴えてることについては「つぶれるよ、うち。それで困らない?この状況でこんだけ働けているのに、そういうふうにみんなに暴き出したりなんかして、あなた会社潰してもいいの」と迫った。

 さらに、残業や休日労働をさせる場合には、労使で書面による協定を事前に結ぶ必要があると定めた36協定(労働基準法第36条)については「みんな各店うやむや」「うかつだった。知らないもん」などと述べた。「法律どおりにやったらサービス業は上昇しない」とも話した。

 録音されたのは仙台市内の飲食店の個室。この女性従業員が働く店舗の管理職やほかの従業員ら計18人が同席したという。高野氏はこの女性従業員の正面に座り、周囲の他の従業員が労組に入ったかどうかを確かめる場面もあった。
 
 女性従業員は記者会見で「(周囲の)全員があたしと院長を見ている中で2時間半、至近距離で名指しされて。恐怖でした」と話した。この従業員は精神的ショックを受け、出社できない状況が続いているという。

 会見に同席したエステ・ユニオン(ブラック企業対策ユニオン エステ支部)の執行委員、青木耕太郎氏は「逃げ出すこともできない場面で、社長が一従業員にパワハラをしている。一従業員に『会社をつぶすのか』というのはあまりにも一方的なやり方だ」と批判した。

 このほか、録音の後半では、高野氏が作成したという文書を管理職が代読し、この店舗の従業員らに聞かせる場面もあった。内容は以下の通り。

高野友梨氏:
 それで、あと全店FAXしたのを。特に、みんなすごく不安に打ち震えてるじゃない。各店員が、なんか高野がおかしいことやってるんじゃないかと。思うので、ちゃんと私は私で、反論を出す、反論というかね、事情説明をしましたんで。それを(※管理職)読める? (略)これは私が書いてきて全店にFAXしました。はい。読める?(略)

管理職による代読:
 たかのファミリーへ。
 最近、サロンに、ユニオンという所からはがきが届いているところがあるかと思います。そのことに対して、経過説明をします。仙台店の社員数名が、「ユニオン」という団体に加入し、「正義」という名を借りて、会社に待遇改善の団交を要求、また、労基署にも訴えたり、マスコミにも過激な文章を流したり、各サロンにも2回も団体への入会勧誘のはがきを出したりしています。
 ユニオンはともかく、働きやすい会社を作りましょうと、正義という名を借りて、自分の要求をしてきます。また、長年勤務してくれていたベテランセラピストが、職場にいながら、会社に矢を向けています。勤勉で、心あると思っていた社員が、いきなり、会社誹謗の反旗を掲げる。創業36年、初めてのことです。(略)

何もできなかったみんなは、給与を得ながら、アカデミーに、エステの基礎を学び、一年間は大切なお客様に、拙い技術で迷惑をかけながら、一歩一歩腕を上げていけた。お客様のクレームや危害は、すべて会社が解決していった。先輩はみんなのために、残って教えてくれた。店長は自腹でごはんをご馳走してくれた。悩んでる時は一緒に泣いてくれた。

 やめた仲間も多々いる中で、頑張ってきたあなたは、ある日お客様のありがとうの言葉でじーんとして、この仕事で頑張ろうと覚悟を決めた。もっと違う仕事もあるし、楽な仕事もあります。でも、エステをやるなら、たかのでやると心に決めたあの日がある。(略)

 新年会や運動会で仲間と盛り上がった。いろんな青春の思い出を泣いたり笑ったりして、大切な仲間がいるから、そして会社は人として女性として、技術はもとより、成長できる自分磨きの場所だった。上質なお客様、すてきなインテリア、最先端の商材、魅力的な先輩。たかの友梨ビューティクリニックは60歳を超えても働けます。いま現在、働いてる方もいます。独立して成功してる先輩もたくさんいます。高野には新しい出会いと夢があります。皆さんにいまの職場があるのは、先輩たちは汗と涙で頑張ってくれたから。感謝感謝ですね。

 昨年度よりさらに働きやすい職場にするために、昇級もし、休みが取りやすいように一部サロンでは連休やお盆休みを作ったり、フレックスをとるよう本部で指導したりしていましたが、なかなか中堅社員の皆さんへの負担がかかっている状況は否めません。いままで頑張った人には、報償や賞与で評価してきましたが、今後はより皆さんの働きやすい環境となるよう変えていきます。働きたい人には違う働き方を考えていきます。

 会社を誹謗することは、自分のこれまで頑張ってきた道を汚すことだと私は思います。
 
 昨今、エステ業界は悲惨な現状で閉店を余儀なくされています。原因はお客様の高齢化と少子化による人口減少と消費税の増税等です。当社も例外ではありません。(略)

 私たちの職場は客商売であるため、暇な時間もあり、工場や公務員のようにいかないことはご存じのことと思います。エステティシャンは手に職をもった職人です。職人が育つためには勉強と訓練の時間も必要です。思い出してください。あの日、人を癒やしたい、人をきれいにしたいと心に決めた自分の決断を。

 とはいえ、会社は古い体質から生まれ変わろうとしています。会社の、そして自分の歴史を汚さないでください。私を好いて、私を信じて、ついてきてください。

 高野友梨


エステ・ユニオンが主張する「たかの友梨ビューティクリニック」の問題点

@1カ月あたり平均80時間に及ぶ残業

A休憩が取れず、昼食やトイレにも行けないことも

B定休日どおりに休めず、休日出勤への手当もない

C「誰も取っていない」などと説明され、有給休暇を取得できない

D残業代の未払い

E産休取得の妨害

F商品が売り上げ目標に届かないと、カードローンなどで自腹購入させられる

G研修費など会社が負担すべき経費が、給与から天引きされる

H配置転換をしない約束を無視するなどの不当な異動命令

I労使協定書の従業員側の署名・押印を、従業員本人に無断で作成

不二ビューティの担当者は「申し立ては把握していない。不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している」と話す。

 エステ・ユニオンや支援弁護団は、「悪質な労働環境はエステ業界全体にある」として、相談窓口「エステ労働相談ホットライン」(0120−987−215)を開設する。
8月29日と9月1日の20:00〜24:00。

引用元:with news (0828)
http://withnews.jp/article/f0140828001qq000000000000000G0010401qq000010751A#

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 13:00 | Comment(1) | メディア掲載の報告
この記事へのコメント
反たかの友梨ビューティークリニックデモをすればいいと思う
Posted by 山口 at 2014年09月02日 04:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: