2014年11月04日

「たかの友梨」マタハラ裁判の当事者の方が陳述書を公開しました。


 先日10月29日、たかの友梨ビューティクリニックで10年近く正社員として働いた女性が、マタハラ被害の慰謝料と未払いの残業代を求めて裁判を起こしました。会社に妊娠を伝えたところ、虚偽の説明により退職を迫られ、切迫早産に至った事件です。この裁判は、エステ・ユニオンと弁護団が支援しています。
 本記事では、当事者の方の陳述書を紹介したいと思います。「忙しくておにぎり一つ食べられない」「前日に異動を言い渡される」「妊娠中、時短勤務が認められなかった」などの実態とともに、「若い女性が中心の会社で、従業員みんなが安心して働き続けられる会社になってほしい。」などの想いが記されています。


=====以下、全文=====

私は髪を触ったり、マッサージしたりするのが好きで美容に興味を持ち、美容専門学校に入学しました。大手企業に入りたいと思ってましたし、有名なところだったのと、他の企業に比べて施術のコースの数が多いため、自分の経験も積めると思って、たかの友梨を選びました。

入社してみて驚いたことは、先輩たちがほとんど休憩を取らずに忙しそうだったことと、研修費と化粧代を最初に給与天引きで引かれていたことでした。入社前と入社後では大きなギャップがありました。働き方が相当な体力仕事で、アスリートのような感じだなと思いました。入社直後から座ることがほとんどなかったので、足がとにかくきつかったのを覚えています。

20歳で入社し、新人の頃から朝8時に朝練習がスタートして夜22時頃まで夜練習という長時間労働のうえ、休憩はほとんどありませんでした。母親が作ってくれたお弁当の蓋を開けて食べる時間もないため、しかたなくオニギリ1つにしてもらいましたが、それも結局は食べれずに家に持って帰って、母から心配されたりを繰り返していました。

片道1時間半かかる配属先まで、定期代4万円にも関わらず、交通費2万円を自己負担しながら通いました(※1)。新人で給与が少ない時はとても経済的に厳しいものでした。接客にもコースにも慣れていない中、朝早くて夜遅かったので、それについても母親は心配していました。

入社後3ヵ月でストレスと不規則な生活から胃腸炎になり1週間入院をしました。医者は、昼休みを取れないため朝と夜にたくさん食べて働くサイクルが、胃酸の分泌に影響を与えていると言っていました。

その後、小さいお店に配属されました。小さいお店だと従業員3人という店もあります。そこでは売上への負担が大きく、私もMAX50万もするローンを何回も組み、最高で同時期に3重のローンを組みました。外へのチラシまきから帰ってきたら店長がローンの用紙を持って待っていました。売上を達成させる為に購入せざるをえない状況でした。自分自身が使わないものも沢山買いました。自分が使わないコースや美顔器を沢山買いました。実質的には手取り月10万程度で、給与の約半分は会社のために使っていました。

働く中での異動も10回ほどと頻繁にあり、とても辛いことでした。新人の時はその店の先輩の名前、施術のやり方、お客様について覚えたところ、またすぐ異動ということの連続で常に緊張が絶えませんでした。

その中でも長期間働いた店舗では業務はもちろん、お客様についても特徴など全部把握して仕事ができました。2年ぶりに来られたお客様にも、会ったことがあるよねと声をかけてもらえました。時には洋服をいただいたり、昼食を作ってきてくれるお客様もいました。その店を異動する際にお客様もショックを受けていましたし、私自身も慣れているお客様と離れるのは辛い想いでした。いつも、会社からの異動命令は前日に言われました。

トレーナーになってからは大きいお店を転々と異動をし、2日前に大阪への異動を伝えられた際に断っても、「もう決まっていることだから」と強制でした。その時かかった引っ越し費用や交通費も自己負担しました。

お店の技術目標の達成のために、やればやるだけ達成に近づくので長時間労働をし、遅番や早上がり、休みの日でも関係なく、サービス労動でタイムカードを押さずに働くことも多くありました。安いチケットをたくさん売っていたので、目標達成をするまですごく大変でした。

お客様に合っていないコースへ誘導したりもしました。ペースがゆっくりのコースを受けたい方に、痩身を勧めたりしました(※2)。その方には必要ないパックを勧めたりしました。それは効果も半減するものでした。それでもそうしないと忙しすぎて仕事が回りませんでした(※3)。すごい嫌でやりたくない気持ちになりましたし、お客様にも申し訳なかったです。60分のコースで担当が3人変わったこともありました。お客様も落ち着かない状態でした。

最後に、私がこれまで働いていて最も納得がいかなかったのは、マタニティハラスメントの問題です。これまで私は8年間働いていましたが、産休をとった人は3、4人しか見たことはありませんでした。基本的には妊娠をしたら皆退職をしていきました。会社がちゃんとした情報もくれないので、産休を選びようがない中、退職を選ばされた人が多いと思います。

今回私も産休にいたるまでフロント業務や時短勤務などの軽易業務への転換をもとめましたが拒否されたり、「妊娠5ヶ月で産休に入らないといけない。復職後はフルタイムの正社員で必ず戻ってこないといけない」などと正しい産前産後休暇を教えて頂けませんでした。また、医院長先生への「お伺い書」や産休を取得するにあたっての「誓約書」ではそれに加えて、保育園の確保などの条件を約束させられました。最終的には切迫早産で絶対安静を余儀なくされました。

妊娠してから働いている時は、お腹の張りと腰痛がひどかったです。できれば休みたい、休憩も座ってゆっくり取りたいと思いながら、通常の9時から22時までの仕事を出産3か月前くらいまで続けていました。
 時短勤務やフロント業務が出来ていたら、切迫早産になることもなかったですし、お腹の命が失われるのではと、自宅安静後も心配が頭を離れませんでした。

8年間伝えられないほどの精神的苦痛がありました。 でもそれに耐えていたのは、お客様の信頼をいただいていたり、後輩スタッフからも離れられないと感じていたから続けていました。

今までこの会社を信じて身を削り頑張ってきましたが、色々と矛盾があったことに気付いてからは、ブラック企業ではないかと思いはじめました。これから働く人や、今働いている人、産休をとる人のため、会社が変わってほしいです。若い女性が中心の会社で、従業員みんなが過重労働がなく、産休育休を取って安心して働き続けられる会社になってほしいです。「100年企業」を目指す会社のためにも現状を理解し改善していただきたく、今回の裁判を起こすに至りました。


■エステ・ユニオンからの注釈説明
※1…同社の交通費負担は最高で月2万円まで。
※2…ペースがゆっくりのコースに比べて痩身はお客様の身体的負担が強いですが、単価が高いので、ノルマ達成のためにコースを変更したということ。
※3…売上げのために予約を詰め込みすぎて多忙になっているため、手が空くパックによって時間を稼いで、そのあいだに他のお客様の施術を行うということ。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 14:05 | Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: