2014年12月24日

エステ・ユニオンに寄せられている相談状況のお知らせ

 エステ・ユニオンでは、エステ業界で働いている方々から、働き方についての相談を受け付けています。今回は、これまでにどのような相談が寄せられているのかを、簡単にですがご紹介したいと思います。

 相談者の属性としては、女性の割合が非常に高いです。年齢も20代〜30代で9割を占めており、若い女性が活躍するエステ業界の特徴がよく表れています。
 その多くが正社員なのですが、勤続年数は3年以内の方が、およそ4割(勤続年数が5年以内の方は半数以上)を占めていることから、早期に離職に追い込まれていることがわかっています。

 こうした問題は、経営状態が芳しくない中小・零細のエステサロンだけで、見られるものではありません。数百人〜数千人の社員を抱える大手企業で働いている方々からも相談が寄せられています。企業規模や会社の業績とは関係なく、エステ業界全体に大変な働き方が広がっていることが分かります。

 相談いただいた時点で、半数近くの方が既に退職されています。今は働き続けているけれど、いずれは辞めたいという方も少なくありません。

実際に寄せられた相談からも、その過酷さがうかがわれます。

 相談の中でも特に多いのが、長時間労働で仕事がきついというものです。月45時間という国が定めた残業時間の限度を超える残業も珍しくありません。こうした長時間労働により、腰痛やうつ病などを発症している場合もあります。

 長時間労働の相談をされる方の大半が、残業代未払いの問題も同時に抱えています。一般的な残業に加え、技術習得のための研修も無給で長時間行われている場合が非常に多く、技術職であるエステ業界特有の問題が見えてきます。

 「マタハラ」の問題も、長時間労働と関係しています。産休の取得を妨害された、妊娠を機に降格になったという相談にくわえて、「今の働き方では子どもを産んだ後は続けられないと考えて“自主的に”退職した」いう話もよく聞きます。子育てしながら働く自分の姿を思い浮かべることすら困難な職場もあります。

 また、当ブログでも繰り返し取り上げていますが、過重なノルマ達成のために自腹で購入しているという相談も目立ちます。月数十万円の自腹購入をしている方からの相談もありました。

 これらの問題に対して、エステ・ユニオンでは、組合員が力を合わせて改善に向けて取り組んでいます。エステ業界全体として、働き方を改善していくためには、現場で働く皆さんの声が必要です。

「私も長時間労働できつい」「買いたくない商品まで買わされている」など、職場でお困りのことがありましたら、エステ・ユニオンまでお気軽にご相談ください。解決に向けて、ご協力させていただきます。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 15:57 | Comment(0) | 当ユニオンの見解
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: