2016年02月14日

「エステティックTBC」現職従業員の方が新たにユニオンへ加入されました!


◆エステティックTBCの従業員・元従業員の方からたくさんの相談が寄せられています!
 エステ・ユニオンは、すでに加入されている現職従業員の方と一緒に、会社で起こっている違法行為について改善に向けた話し合い(団体交渉)をしてきました。
 今回は、新たに現職従業員のBさんがユニオンへ加入し、一緒に労働環境の改善に向けた話し合いをスタートしました。Bさんは以下のような問題を抱えていました。

@「朝9時頃から夜22時頃まで」働く長時間労働
月80時間(1日12時間働く計算)の残業に近づくと、国の定めた「過労死認定基準」に抵触し、精神疾患や脳・心臓疾患の発症リスクが非常に高くなります

A休憩を「1時間」取れない
1日6〜8時間働く場合は「45分」、8時間以上働く場合は「1時間」の休憩が取れないと違法です

B賃金が働いた分「1分単位」で払われない
定時前の早出出勤、休憩時間の労働、定時後の残業に対して、「1分単位」で計算して賃金を支払わないと違法です

C「有給休暇」を取得することが難しい
有給休暇は理由を問わず、労働者が自由に申請し取得できないと違法です。会社が拒否できる場合は非常に限定的です。

D自社商品の「自腹購入」をさせられる
「ノルマなし」を求人サイトで謳っていますが、売り上げ目標が達成できない場合に「自己購入」を強いるのは違法です

E辞めたいと伝えても「辞められない」 
退職は法律上「2週間前」に会社に伝えれば可能です。会社が退職を認めないということは「強制労働」になり、違法です。

 みなさんのサロンでも同じような問題はありませんか?少しでも働いていて「おかしいな」と感じるところがありましたら、この機会にご相談や情報提供をいただけましたら幸いです。新たに相談を寄せていただいた方の問題についても、一緒に会社に改善を求めていくことができます。
 相談無料・秘密厳守でお受けしていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

TEL:0120-333-774(土日含め8時〜22時)
MAIL:info@esthe-union.com
相談無料・秘密厳守ですので、お気軽にお電話ください。


Bさんからのメッセージです!
 私は、朝9時頃から夜22時頃までの長時間労働、休憩・有休が取れない、早出・休憩・残業の賃金不払い、自社商品の「自己購入」などの問題があったのと、何より「椎間板ヘルニア」になってしまい、仕事を続けるのが辛いので退職したいと何度も伝えたにもかかわらず、辞めさせてもらえなかったというのが納得できなくてエステ・ユニオンさんに相談をしました。ヘルニアについては、「リハビリで治る」とお医者さんは最初言ってくれていましたが、仕事が辞められず勤務を続ける中で悪化し「手術をしないと治らない」と伝えられてしまいました…。
 働いていて、「正直、エステ業界はどこもブラックだし、しかたがないかな」という気持ちでいました。でも、今回ユニオンさんに相談をし、法律に照らし合わせてTBCの働き方の問題を教えてもらうと、全然違う世界が見えてきました。「こんなに大きくて有名な会社なのに何で?」と思いました。カルテ記入や練習、洗濯などについて、法律では賃金を払わなければいけないということを聞いてびっくりしました。
 今回の話し合いを通じて、会社には「売上・数字第一」ではなくて、「お客様第一」の会社になって欲しいですし、若い女性を使い捨てる様な働き方を強いるのはやめて欲しいです。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 16:51 | 活動報告