2017年08月18日

残業代不払い、有給未取得、社会保険未加入等を巡り、小規模エステサロンE社と交渉中です!

IMG_3844.jpg

 現在、小規模エステサロンE社と、残業代不払い、有給未取得、社会保険未加入等の問題を巡り、在職従業員の方と一緒に環境改善に向けた話し合いをしています。E社には以下のような問題がありました。

◆E社の問題
(1)労働時間
@早出、残業の状況
・出勤
 定時の約15分前から、着替え、掃除、朝準備、カルテチェック、連絡事項の確認、昨日の売り上げ確認、朝礼などをして開店に臨んでいました。
・退勤
 定時の約1時間後まで、顧客延長対応、アフターカウンセリング、売上金額の確認作業、掃除、締め作業、未記入カルテの処理などをしています。
A休日に、技術に入る、売上金額の確認作業、溜まったカルテ記入をするなどで出勤しているが、タイムカードを打刻できないので、労働時間として認めて打刻させてください。
B残業は自己申告制になっており、上司から承認を得る形になっているが、実際の労働時間を認めてもらえないので、認めてください。

(2)休憩時間
 休憩時間を法律通り1時間取得できるように予約を切っていなかったり、仮に予約表上で休憩時間でも、施術延長、溜まった未記入カルテ記入、次のお客様の準備、電話番、会計作業、ご案内作業などをしているので、休憩時間を確実に取れるようにしてください。

(3)賃金未払い
 早出、休憩未取得、残業、休日等に対して、賃金が払われないので、過去2年間分支払ってください。また、今後は法律通り1分単位で賃金を支払ってください。

(4)有給休暇
 有給休暇の残日数を全従業員に周知をするとともに、法律通り自由取得をできる環境を整備してください。

(5)社会保険未加入
 法律に反して、健康保険、厚生年金などが未加入の状況になっているので、加入手続きを取ってください。

(6)人不足の改善
 法律を守るなどし、働きやすい環境を整備することによって従業員の定着率を高めてください。人不足のために、長時間・過密労働に陥りスタッフが辞めていってしまうのはもったいないので、改善してください。

◆現在の状況
 現在、交渉を重ね、会社は前向きに改善に取り組んでおり、労働時間の抑制や休憩時間の確保、有給取得など従業員が働きやすい環境を整備してきています。労働環境を改善することにより、技術のある従業員が長期勤続することが、企業にとってもメリットであるということを共有できつつあります。

◆同様の環境で悩んでいる方はいませんか?

E社に限らず、上に書いたような環境はエステ業界にはよくある問題です。もし同様の労働環境で悩んでいる方がいましたら、ぜひ一度ご相談ください。私たちと一緒に労働環境の改善をして、長期的に働ける環境を作りましょう!

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 08:33 | 活動報告

2017年08月16日

エステ業界よくあるトラブルQ&A(3)「有給休暇が取れない」

エステ業界に良くある労働トラブルを解説するQ&Aの3つ目は、「有給休暇が取れない」という相談です。

Q、有給休暇を取りたいと言っても「お店が忙しいから」、「人が足りない」、「うちに有給休暇はない」などを理由にほとんど取らせてもらえません。また、取りたいというと色々と理由を聞かれたり、取った後に嫌がらせをされます。

A、有給休暇は「自由取得」が原則ですので、会社は労働者からの有給休暇の申請を拒否できませんし、理由も説明する必要がありません。また、有休を取得したことに対する報復行為は法律違反です。

◆「有給休暇」とは?
 有給休暇は、労働基準法に定められた労働者の権利です。入社後半年経ったらアルバイト含め有給休暇は発生します。発生日数は、正社員の場合、年10日で、週の労働日数によって以下の図のように変わります。
 また、有給休暇の取得を会社が拒否できる場合は法律上非常に限定的で、慢性的人不足や業務の多忙というだけでは拒否できません。また、有給休暇の取得という当然の権利に対する嫌がらせなどの報復行為は違法です。
 
040324-17a.jpg(※画像をクリックしてみてください)

◆対処法
 まずは、有給休暇を正式に申請したという証拠を残しましょう。例えば、申請書のコピー、メールやLINEなどの申請履歴を保存しておき、取得ができなかった場合はその証拠をもとに、改善を求めることができます。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 10:14 | 活動報告

2017年08月15日

エステティックTBCと更なる環境改善に向けた交渉をしました!

IMG_3841.jpg

本日は、お盆でしたが、新宿のセンタービルにてエステティックTBCと交渉をしてきました。

おととしからエステ・ユニオンと会社は労働環境の更なる改善に向けた交渉を継続しており、求人詐欺を防止する「ホワイト求人労働協約」http://esthe-union.sblo.jp/article/176628406.html)や、労働時間を抑制するための「勤務間インターバル労働協約」http://esthe-union.sblo.jp/article/177971944.html)などを締結し、法律以上の水準の労働環境の実現を進めてきました。

「労働協約」とは、労働組合と会社が結んだ約束のことで、会社が労働協約を締結した場合、それを破ったら違法となるため、強い拘束力を持ちますし、法律以上の約束を結んだりすることもできます。
エステティックTBC以外にも、エステ・ユニオンは過去に、たかの友梨と子育てとの両立にあって時短勤務や残業免除が法律以上に充実した「ママ・パパ安心労働協約」http://esthe-union.sblo.jp/article/113954539.html)を結んできました。

現在、エステティックTBCとは、新たな労働協約を結ぶことに向けて交渉していますが、業界大手企業が率先して労働環境の改善に取り組むことは業界全体の労働環境改善にも繋がることです。

これまでエステ・ユニオンが締結してきた労働協約をうちの会社とも結びたい、もしくは、そもそも法律をまず会社に守って欲しいなど、様々な相談を私たちは受けていますので、是非ご相談をご検討ください。一緒により良い労働環境を作っていきましょう。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 15:28 | 活動報告

2017年08月11日

エステ業界よくあるトラブルQ&A(2)「休憩が取れない」

エステユニオン相談画像.png

エステ業界に良くある労働トラブルを解説するQ&Aの2つ目は、「休憩が取れない」という相談です。

Q,休憩が1時間取れなかったり、本当に忙しい日は全く取れない日もあります、、。また、休憩が予約表では一応1時間切られていても、休憩時間中にカルテを書いたり、部屋の片付けや準備をしたり、掃除・洗濯や、電話対応などをしているので、休憩を取れている気がしません、、。

A、法律上、8時間労働の人は1時間休憩、6〜8時間労働の人は45分休憩を取らなければなりません。また、休憩とは「労働から解放された自由時間」でないといけないので、上に書いたような「業務」を休憩時間に行っている場合には、休憩時間を取れているとは言えません。当然、働いた分1分単位で賃金の請求もできます。

◆「休憩時間」とは
 法律では、8時間労働の人は1時間休憩、6〜8時間労働の人は45分休憩の取得が義務です。法律上の休憩時間は、上に書いたような業務を行わない「自由時間」でないといけません。例えば、食事、携帯を見る、外に出るなどです。休憩の分割での取得は違法ではありませんが、あまりに細切れでは自由時間としての休憩は取得できませんので、争う余地があります。

◆対処法
 休憩時間が取れていない状況について、毎日1分単位でのメモを残しましょう。将来的な改善を求めたり、過去の賃金不払いについて請求ができます。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 13:24 | 活動報告

2017年08月10日

長時間労働、残業代不払いを改善する「労働時間の証拠の集め方」の紹介です!

IMG_3833.jpg
(※画像を押してもらえると詳細が見えますので、ぜひご覧ください)

私たちエステ・ユニオンには、長時間労働、残業代不払いといった労働基準法違反の相談が多数寄せられています。

長時間労働や残業代不払いの問題を争ったり、改善したりしようとする時は、「労働時間の記録」があるかどうかが何より重要です。

労働時間の記録方法としては、タイムカード、ICカード、PC画面での入力など、様々な方法がありますが、労働相談を受けていると、そもそも労働時間の管理がなされていない場合や、タイムカードなどがあったとしても定時や実際の労働時間よりも少なく打刻させられてしまうことが多くあります。

そういった場合には、自分で実際の労働時間の記録を集める必要があり、今回はその1つの方法である、「労働時間のメモの取り方」を紹介します。メモでも団体交渉や裁判で勝利したり、労働基準監督署からの是正勧告を獲得できます。

方法としては、添付したメモにある通り、出勤時間・休憩時間・退勤時間を1分単位で毎日書きましょう。賃金は1分単位で支払われなければ違法で、15分や30分などの切り捨て計算は認められませんので、1分単位で記録を残しましょう。

毎日証拠を残すことが、その証拠の信頼性を高めますので、ぜひ、労働時間管理がされていない、少なく打刻されてしまっているという方は、上の画像にあるようなメモを残してみてください。

それをもとに、労働時間を証明し、長時間労働や残業代不払いを改善しましょう!

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 19:34 | 活動報告