2015年02月14日

妊娠・出産・育児をきっかけとした仕事のトラブルを抱えていませんか?

 妊娠・出産・育児をきっかけとして退職を迫られたり、嫌がらせをされたりした経験はありませんか?
私たちエステ・ユニオンにも、妊娠・出産・育児をきっかけとするトラブル(マタニティ・ハラスメント。略してマタハラ)の相談が多数寄せられています。

・妊娠したことを店長に伝えたところ、退職するよう言われてしまった。
・妊娠した際に、時短勤務での復帰を希望したが、拒否されてしまった。残業も多い職場なので、出産後は仕事を続けられないと思って、退職を申し出てしまった。
・育休を申請しようとしたら、うちでは取れないと言われてしまった。
・育休を取得したところ、人事担当者から執拗にパート雇用への転換を勧められた。

 以上のような妊娠・出産・育児を理由とした仕事上の不利益な扱いは基本的に違法です。具体的には、産休の取得を認めてもらえない、退職を迫られる、雇用形態の変更を迫られる、言葉による嫌がらせをされるなどが該当します。
 最近では、厚生労働省も各事業主に対して、こうした違法行為がないように指導を強化しており(厚労省HPより:http://urx2.nu/h3Mo)、社会的にもマタハラをなくしていこうという動きが高まっています。
子供ができると働けなくなるというのはおかしなことです。とりわけ女性が中心のエステの職場で、出産・育児に対して配慮をしてもらえないのは、あまりにひどい対応でしょう。また、子供ができたら辞めなければならないという職場環境のままでは、経験豊かな優秀なエステティシャンが職場や業界から去ってしまうことにもなり、本来は会社や業界にとっても大きな損失となります。

 実はこうしたマタハラの問題は、@行政機関やAユニオンでの交渉などを通じて解決することができます。それぞれの方法についてご紹介します。
@:行政機関を利用して解決する場合
 男女雇用機会均等法や労働基準法など、妊娠・出産・育児と仕事の両立について定めた法律を利用して、問題の解決を目指すことができます。例えば、産前産後休暇を取らせてもらえない、という場合は、労働基準法に違反していますので、労働基準監督署(もしくは雇用均等室)に「申告」に行き、行政機関から事業主に対して指導してもらう、ということができます。申告は一人でも行うことはできますが、なるべく証拠を集めたり、資料を作成したりしておくと、行政も指導しやすくなります。エステ・ユニオンでは、行政への申告に関しても、証拠集めや窓口への同行などを通じて解決をサポートします。

A:ユニオンでの交渉などを利用して解決する場合
 妊娠をしたことを理由に退職を迫られたり嫌がらせをされたりしている場合などは、証拠を残し、それをもとにユニオンで一緒に会社と話し合いをし、その行為をやめさせることができます。証拠としては、実際言われたことなどをボイスレコーダーやスマートフォンなどで録音することが効果的です。
また、ユニオンでの交渉では、トラブル解決だけではなく、妊娠・出産・育児と仕事の両立をテーマとして、より良い職場環境の実現に向けて話し合いをすることも可能です。実際、産休・育休の取得の妨害にあって会社を辞めてしまった人の中には、ユニオンで交渉を行った結果として、職場復帰を果たした人もいます。

 妊娠・出産・育児をきっかけにしたトラブルをお抱えの方は、一度ユニオンに相談してみませんか?@の場合でもAの場合でも、解決に向けて、ご協力させていただきます。お気軽にご連絡ください。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 16:55 | 相談をご希望の方へ

2015年02月04日

転職・就職支援のお知らせ(今年就職する方へ)


年度末も近づき、エステ業界で転職を希望される方や、4月から入社予定の学生さんも、その準備を始めている時期かと思います。

昨年は、エステ業界の働き方の問題について多くの報道がなされ、エステ・ユニオンの相談窓口にも数多くのサロンから労働相談が寄せられました。寄せられた相談からは、労働基準法に違反をしているなど、安心して働き続けることができないサロンの実態がみえてきています。

こうしたエステサロン業界の実態を踏まえて、エステ・ユニオンでは、これから転職を予定されている方や、4月から入社予定の学生さんを対象としたサポート活動を始めています。具体的なサポートとして、エステサロンの求人票の見抜き方のサポートや、個々のエステサロンの労働環境の実態に関する情報の提供のサポート、などを実施していますので、ぜひご活用ください。

@求人票の見抜き方をお伝えします!
エステサロンの求人に記載されている労働条件をみると、複雑な給料の仕組みを採っていることが多いです。例えば、基本給の他に、残業見込手当や業績手当・技能手当などが含まれている場合、一見しても、実際にいくらお給料が貰えるのかがよくわかりません。
入社予定・希望のサロンの求人票についてエステ・ユニオンにご相談をいただければ、実際のお給料の貰い方や勤務時間などの働き方について解説させていただきます。
既に、入社が決まっている方でしたら、そのサロンの求人票などをについてご相談いただければ、資格の取得や社内目標の達成によっていくらの手当が貰えるかなどを解説させていただきます。こうしたことが分かれば、入社後の生活のイメージが分かりやすいのではないでしょうか。
現在、就活や転職活動中の方でしたら、入社を考えているいくつかのサロンの求人票をご相談いただければ、その中からご相談者様が希望している働き方に叶うサロンをご紹介させていただきます。求人票からはお給料の情報の他に、1日の仕事の時間や月の休みの日数も解説させていただけますので、きっとご希望のサロンが見つかると思います。

Aエステサロンの労働環境の実態に関して情報を提供します!
求人票には問題がなくても、実際に働き始めてみたら求人票に記載されている労働条件と大きく異なっていたという場合もあります。例えば、求人票には月8日の休日と記載してあったのに、実際には月4日しか休めなかった、シフト制と書いてあったのに、実際には開店前の準備から閉店後の片づけまで働いている、などの相談が実際に寄せられています。

エステ・ユニオンでは、このように相談や情報提供が寄せられたサロンの働き方の情報をまとめています。ユニオンが情報を把握しているサロンであれば、ご相談者様に実際の働き方をお伝えすることができます。
実際に働いてみた方の情報を参考にすることで、入社してみて求人票と違う働き方だった、というリスクを回避して、安心して入社をすることができます。

○まずはお気軽にお問い合わせください!
・自分が勤める予定のサロンの実際の働き方が気になる・・。
・求人票や契約内容について聞いてみたいこと、分からないことがある・・。
・このサロンに勤めたいのだけど、実際の働き方はどうだろう・・。
・求人票をいくつか見ているが、どのサロンが自分の希望に合うかわからない・・。

以上のような疑問をお持ちの方は、ぜひお気軽にお電話やメールをいただければと思います。秘密厳守・相談無料で対応いたします。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 16:58 | 相談をご希望の方へ

2015年01月16日

エステ業界の消費者トラブルと労働問題について

 当組合には、エステ業界で働く多くの方から相談が寄せられています。とりわけ長時間労働や過度なノルマなどの問題は、多くの職場に共通する課題となっています。

 また、長時間労働や過度なノルマといった問題を抱えているサロンは、そこで働く従業員を疲弊させるため、結果としてサービスの質を低下させてしまい、消費者問題に発展してしまうこともあります。

 今回は、エステ業界もしくは美容業界に広がる消費者問題に関する報道をご紹介します。

 昨年10月に「品川美容外科」「品川スキンクリニック」を相手どって複数の集団訴訟が提訴されています。これは、顔のたるみを改善する美容医療「フェースリフト」を受けた後に痛みが残り、事前に説明されていたほど効果が続かなかったとして、患者たちが代金返還や慰謝料を求めて声を上げたものです。弁護士は、施術前の合併症の説明が十分ではなかったとしています。
(朝日新聞 2014.10.25 http://www.asahi.com/articles/ASGBR4V30GBRUTFL00C.html

 このような説明不足やサービスの効果に対するトラブルは数多く存在し、消費者委員会は2011年にエステ・美容医療に関する消費者問題の実態調査を行い、消費者への説明責任の徹底などを建議しています。

 また、11月には福岡でエステの勧誘に関して、従業員が逮捕される事件が起きています。これはエステ契約の勧誘であることを告げずに女性を呼び止め、「無料でエステが受けられる」「今日は通常料金の50%になる」など、実際にはない割引を装い、強引に契約を迫ったというものです。
(西日本新聞 2014.11.5 http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/125049

 こうしたエステにおけるトラブルは、単なるエステティシャンの技能不足や不注意だとはいえないでしょう。課せられたノルマをこなすために、強引な勧誘や、回転を重視した施術を行わざるをえない状況に立たされることもあります。

 私たちエステ・ユニオンは、エステ業界における様々なトラブルの相談や情報提供を受け付けています。働き方に困っている従業員の方はもちろん、消費者の視点から「おかしい」と感じることがあれば、相談・情報提供をお寄せください。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 22:59 | Comment(0) | 相談をご希望の方へ

2015年01月08日

相談するなら辞める半年前がベストです (「つらい」と感じたら早めにご相談ください!)

 エステ・ユニオンへの相談は、既に退職された方からのものが半数近くをしめています。現職の方でも、近々辞める予定の方、辞めることをすでに会社の伝えている方が少なくありません。
「もう働き続けられない。」
多くの方が、限界まで働いてから相談を寄せられます。

 ですが、本当はなるべく早く相談していただきたいです。相談をされるのが早ければ早いほど、より広く解決策を考えていくことができるからです。
 退職予定日よりも、半年前に、相談するのがベストのタイミングです。

 たとえば、相談でよく見られるのが、有給休暇や会社の定休日を消化(取得)できていないという問題です。退職する前であれば、未取得分をまとめて消化(取得)することが可能です。しかし、既に退職している場合や、退職まで日が僅かな場合、それができなくなってしまいます。

 また、組合には転職・就職に関わる情報・ノウハウがあります。辞めるかどうか悩んでいるうちから相談いただければ、辞めて転職するのが得なのか、仕事を続ける(周りの環境を整えて、少しでも働きやすくしていく)のが得なのかを一緒に考えることもできます。 

 さらに、労働基準監督署への申告や団体交渉を通じて、職場の改善を目指していくという方法も考えられます。労働環境が改善されれば、現在の職場で働き続けることができるかもしれません。

 何より、劣悪な労働環境で働き続けていると、心身の健康が損なわれていきます。中には、エステの仕事そのものが嫌になってしまう人もいます。努力の末に身につけた技術が数年足らずで使い潰されてしまうというのは、あまりに惜しいことです。

 そうなってしまわないためにも、できるだけ早く相談していただけたらと思っています。最初にも書きましたが、退職予定日よりも、半年前に、相談するのがベストのタイミングです。

 ブラック企業では、半年後でないと辞めさせてもらえないといった相談がよくありますが、そういう時にはエステ・ユニオンに相談してください!半年間ただ我慢して働くのではなく、早めに相談して入念に準備をしておけば、残業代の請求も、納得のいく転職も、十分に実現可能です。

 「休みなく働いていてつらい」、「店長が言っていることは正しいのかな」と感じた時には、限界まで働く前に、早めにご相談ください。

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 19:58 | Comment(0) | 相談をご希望の方へ

2014年12月29日

エステ業界の消費者トラブルに関するご相談・情報提供を受け付けています。


エステのサービスを受ける中で、次のようなトラブルにあったことがありませんか?
・高額な入会手数料、預かり金、精算金等を要求された
・サービス中に怪我をしてしまった、身体に跡が残ってしまった
・広告やパンフレット等の表示と実際に受けたサービス内容、代金が違った
・サービスの契約を強要された、騙された

大手エステティックサロンの法令違反が相次いで明らかになるなど、次のような消費者トラブルが問題になっています
平成26年1月30日には、大手エステティックサロン経営の会社が、執拗な勧誘により特定商取引法に基づく行政処分を受けています。
http://www.no-trouble.go.jp/search/action/pdf/20140130ac01.pdf

また、消費者を誤信させるようなことを告げながら、勝手に帰れない状況の中で執拗に勧誘を続けたといったケースでは、行政から業務停止命令を受けています。
http://www.pref.aichi.jp/0000048875.html

このようなトラブルの背景には、高い売上目標のためにスタッフに厳しいノルマを課したり、長時間労働を強いたりするエステ業界の体質があると考えられます。

私たちエステ・ユニオンは、エステ業界で働く方の労働問題はもちろん、広くエステ業界の体質の改善を目指しており、その一環としてエステ消費者の問題にも取り組んでいます。

当ユニオンではこのようなトラブルについての相談を受け付け、相談員が解決のためのサポートをします。お気軽にご相談ください。

また、エステ業界のサービス向上を目指し、こうしたトラブルについての情報提供も呼びかけています。
過去に遭ったトラブルに関する相談や情報提供でも構いませんので、是非貴重な声をお寄せください。

ご相談・情報提供は、下記の連絡先までお気軽にお寄せください。相談は無料です。ご相談いただいた方の個人情報は厳守いたします。

TEL:022−796−3894(全国からの相談を受け付けています)
MAIL:info@esthe-union.com(全国からの相談を受け付けています)

**********************************
当ユニオンへのご相談やお問い合わせは、下記のご連絡先までお気軽にどうぞ
TEL:0120−333ー774(平日17〜22時/土日祝12時〜22時)
Mail:info@esthe-union.com
HP: http://esthe-union.com
twitter:@esthe_union
Facebook: エステユニオン
**********************************

posted by エステ・ユニオン at 09:00 | Comment(0) | 相談をご希望の方へ